山口真子(虹プロ・マコ)の経歴や高校はどこか|上手いダンス動画も調査

山口真子さんは、大人気グループTWICEや2PMを擁するJYPエンターテイメントソニーミュージックが主催する、世界的なガールズグループのメンバーを発掘するオーディション「虹プロジェクト Nizi Project」に挑戦されています。

 

【追記】マコさんは、9人組ガールズグループNiziUのメンバーに選ばれました!
NiziUメンバー9人のキャッチコピーと呼び名や本名を全員分まとめてみた

今回は、1次予選を勝ち抜いた26人の中でもダンスレベルが高いと評判の山口真子さんの経歴や高校はどこかと上手いダンス動画を調べてみました。

【2020.4.10追記】
最終予選である韓国合宿へ行くメンバーが決定し、「虹プロジェクトPart2」がHuluで2020年4月27日(金)よる10時より放送されます。

山口真子の経歴

プロフィール

名  前 :山口 真子  やまぐち まこ

生年月日 :2001年4月4日 19歳

血 液 型:A型

趣  味:ドラマ鑑賞、言語の勉強、日記を書くこと

特  技:大食い、レモンを無表情で食べる

所  属 :JYPエンターテイメント練習生

山口真子さんは中学3年生の時にJYPのオーディションに合格し、親元を離れて韓国に渡り、JYP練習生として2年7ヶ月のトレーニング期間を経て虹プロジェクトに参加されました。

虹プロジェクトとは

TWICEや2PMをはじめ世界的に活躍するグローバルグループを育ててきた韓国大手芸能事務所JYPエンターテインメントと日本のソニー・ミュージックが共同企画したプログラムで、2019年よりスタートした日本(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄)、ハワイ、アメリカ(ロサンゼルス)での1次地域予選には総勢1万人が集まり、その中から選ばれた26人が2次予選の東京合宿へ参加、最終予選の韓国合宿に参加するメンバー13人の中から、勝ち残ったメンバー(人数は未定)で世界的に活躍するガールズグループを結成し、2020年11月に日本デビューする事が決まっています。

地域予選で選ばれた26人が、歌やダンスのテストに挑戦する東京合宿での姿を追った「虹プロジェクトPart1」と、東京合宿を勝ち抜いた13人がデビューに向けて韓国での本格的なトレーニングを受ける姿を追った「虹プロジェクトPart2」はHulu で全話視聴できますよ。※  ※本ページの情報は2020年4月時点でのものです。最新の配信状況はHulu 公式サイトにてご確認ください。

地上波では、日本テレビ系で虹プロジェクトの最新エピソードを紹介する番組「虹のかけ橋」が放送中!

日本テレビの情報番組「スッキリ」では、番組のコーナーで虹プロジェクトの模様を定期的に放送していますよ。

韓国語も熱心に勉強されていて、小学生の頃から夢の実現に向けて独学で頑張ってきたとの事ですから、並々ならぬ熱意が伝わってきますね。

今回の虹プロジェクトには、同じJYP練習生で仲良しの鈴野未光さんと横井里茉さんも参加されていて、3人で一緒に合格してデビューするという目標があるそうですよ。

仲間が緊張感から不安になっている様子を見て、何度も大丈夫だよ、と優しく寄り添い励ます姿が印象的な山口真子さんですから、リーダーとなる素質もお持ちだと感じますね。

審査をされているプロデューサーのパク・ジニョンさんから学習能力の高さと誠実に練習を重ねる人柄も評価されていますから、今後の展開が楽しみですね!

韓国合宿へ参加するメンバーは?

東京合宿での集大成、ショーケースでのテストによって追加合格も含めた14名で韓国合宿へ参加する事が決まり、山口真子さんは見事に総合1位で通過されました!

2次予選東京合宿での審査では、参加する26名に4つのキューブがはまるようになっている虹ペンダントが渡され、ダンス・ボーカル・スター性・人柄の4つのレベルテストを受け、それぞれのレベルで合格すると「虹キューブ」がもらえ、ペンダントに獲得できたキューブをはめていく事になっており、4つ全てを獲得した参加者が最終予選の韓国合宿へと進出できる事になっていました。

①ダンス=イエローキューブ

②ボーカル=グリーンキューブ

③スター性=レッドキューブ

④人柄=ブルーキューブ

最終順位と韓国合宿参加メンバー

1位 山口真子 (マコ)

2位 鈴野未光 (ミイヒ)

3位 勝村摩耶 (マヤ)

4位 横井里茉 (リマ)

5位 大江梨久 (リク)

6位 アン・ユナ (ユナ)

7位 ヒルマン・ニナ (ニナ)

8位 尾崎すず (スズ) 韓国合宿は辞退

9位 平井桃伽 (モモカ)

10位 花橋梨緒 (リオ)

11位 井上あかり (アカリ)

12位 池松里梨亜 (リリア)

13位 小合麻由佳 (マユカ)

14位 新井彩花 (アヤカ)

山口真子さんは、ダンス・ボーカル・スター性・人間性の全てのキューブを獲得され、韓国合宿への進出を決めました!

プロデューサーのパク・ジニョンさんから、今回は成長の度合いを評価される事が伝えられると共に新たな虹ペンダントが渡され、それぞれのレベルテストで合格するとキューブを貰え、4個全て獲得すると、デビューメンバーになれるんです。

既にかなりの実力を備えた山口真子さんですが、韓国合宿の6ヶ月のトレーニングを通してどんな成長を見せてくれるのか、楽しみですよね!

山口真子の高校はどこか

2020年2月現在18歳の山口真子さんは、高校は卒業している年齢ですが、どこの高校に通われていたのかという情報は見つかりませんでした。

JYP練習生となり、韓国に渡っていらっしゃるので、もし日本で高校に入学されていたとしても、全日制の普通校よりも自分のペースで勉強ができる通信制高校へ通われている可能性が高いですよね。

引き続き調査し、新しい情報が入りましたら追記していきますね!

山口真子の上手いダンスの動画

2次予選のダンスレベルテストでは、JYPのトレーナーも絶賛する上手さで注目を浴びていました。

男性グループ2PMの「I’ll be back」を選曲され、力強くもしなやかに表現されていて、驚くべき才能を見せてくれましたよ。

パク・ジニョンさんから絶賛されたのはダンスだけでなく、キレのある動きのできる体型を維持する為の、日々のトレーニングやひたむきに練習を重ねられる人柄も高く評価され、見事1位を獲得されました。


JYP練習生の間でも努力家と評判で、自身が納得できるまで何時間も練習をされるとご自身も語られていますから、努力を惜しまず成長できる方という感じがしますよね。

2次予選ではボーカルテストもありましたが、パク・ジニョンさんからは語りかけるような歌い方や聞く人を惹き付ける力があると絶賛され、こちらでも1位を獲得されました!

安定した音程や素直な発声ができている事に加え、感情の乗せ方や体の動きも自然で、まっすぐな性格がそのまま伝わってくるような歌い方をされてますよね。

ダンス、歌共に1位となりましたが、パク・ジニョンさんから「この先どんなに有名な人物になっても、マコさんの人柄は変わらないと思う」との褒め言葉をもらっていますし、残り2つのテストにも誠実に向かわれるでしょうから、今後も期待が持てますね!

今回は、山口真子さんの経歴や高校はどこかと上手いダンス動画を調べてみました。

山口真子さんは、小学生の頃から独学で韓国語を学びながら、中学3年生でJYP練習生となり、歌手になる夢に向かって練習を重ね、努力する事を惜しまない性格の方という事が分かりました。

実力とスター性、人間性も評価されている山口真子さんが、韓国合宿の6ヶ月間でどんな成長をし、違った面を見せてくれるのかも引き続き大注目ですね。

↓↓同じく虹プロジェクトへ挑戦中のメンバーの記事はこちらです↓↓
新井彩花(虹プロ・アヤカ)の経歴や高校はどこかとmissAのスジに似ている画像を調査 鈴野未光(虹プロ・ミイヒ)の経歴|高校はどこかと上手い歌の動画を調査 横井里茉(虹プロ・リマ)の経歴や家族構成|小さい頃の画像からラップ動画も ヒルマンニナ(虹プロ・ニナ)の経歴|どこのハーフかと上手い歌の動画も調査 井上あかり(虹プロ・アカリ)の経歴や中学はどこか|かわいい笑顔の画像を調査 勝村摩耶(虹プロジェクト・マヤ)の経歴|リュジンと似てる画像やダンス動画を調査 平井桃伽(虹プロ・モモカ)の経歴やモモランナンシー似の画像から歌動画を調査 アンユナ(虹プロ・ユナ)の経歴|小さい頃のモデル画像や上手いダンス動画を調査 大江梨久(虹プロジェクト・リク)の経歴|上手い歌と特技の空手動画も 花橋梨緒(虹プロ・リオ)のプロフィール|KIZZY時代の画像と上手いダンス動画 池松梨里梨愛(虹プロ・リリア)の経歴|ダンス動画やアイドル時代の画像 小合麻由佳(虹プロ・マユカ)のプロフィール|かわいい顔画像やニナチームでの歌動画も