尾崎裕哉の経歴学歴|出身中学校や高校と大学から家族構成と英語が上手い理由まで

尾崎裕哉さんは、尾崎豊を父に持つ、シンガーソングライターです。

 

今回は、尾崎裕哉さんの経歴や学歴(出身中学校や高校と大学)、家族構成と英語が上手い理由を調べてみました。

尾崎裕哉の経歴

名  前:尾崎 裕哉 おざき ひろや

生年月日:1989年7月24日 30歳

出 身 地 :東京都

血 液 型 :O型

学  歴:慶應義塾大学 大学院修了

職  業:シンガーソングライター

シンガーソングライター尾崎豊さんの長男として生まれ、1992年4月自身が2歳の時に父を亡くしました。

5歳の時、母繁美さんに連れられてアメリカのボストンに渡り15歳まで過ごした為、英語が堪能だそうです。

2004年、父・尾崎豊のトリビュートアルバム「”BLUE” A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI」に、HIRO名義でTomi Yo(須藤晃さんの息子)さんとCrouching Boysというこの作品の限定ユニットで参加し「15の夜」を歌いました。

2008年6月、アメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業。

2008年、慶應義塾大学環境情報学部へ入学。

2010年10月2日より、InterFMにて洋楽紹介番組「CONCERNED GENERATION」のDJを担当する。

2012年7月28日、FUJI ROCK FESTIVAL’12にて、「CONCERNED GENERATION」の公開収録で公の場での初ライブとなる生演奏を披露。

2013年4月、慶應義塾大学大学院へ進学。

2013年4月、InterFMにて「Between The Lines」を担当し、アメリカやイギリスの曲を自ら翻訳し、日本語でポエトリー・リーディングを披露した。

尾崎裕哉の出身中学校や高校は?

尾崎裕哉さんの出身中学は有力な情報が少なく、5歳から15歳までマサチューセッツ州ボストンで暮らしていた事を踏まえると、ボストン市内にある学校へ通っていたのではないかと思います。

ボストンは「アメリカのアテネ」と呼ばれるほど教育水準が高いことで知られ、ボストンとケンブリッジ合わせて、大学に通う学生は25万人を超えるそうです。

教育環境としては多様な大学や教育・研究施設のある中で育つ事でアカデミックな刺激を受けているのではないかと思います。


ボストンの歴史ある学校「ボストンラテンスクール」の外観

ボストンの公立学校は、アメリカで最も歴史のある公立学校制度を持つそうですが、なんと市内に145校もあるそうです!

他にも私立や教区立学校、チャーター・スクールといった別制度の学校もありますので、尾崎裕哉さんの帰国してからの進路を見ても、お母様が教育に関しても熱心に育まれた事が想像できますね。

高校は、前述の通り、アメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業されています。

こちらは主にアメリカ人向けに運営されている学校で、日本初のインターナショナルスクールです。

アメリカの教育法令に基づく全日制の男女共学校として、アーリーラーニングセンター(日本の幼稚園に相当)から、第12学年(日本の小・中・高等学校に相当)までのクラス構成となっていて、英語で授業を行っています。

アメリカなど主に英語圏からの帰国子女や大使館関係者、アメリカ企業の駐在員の子供が中心となり、40カ国以上の国籍を持つ1,400人以上の学童、生徒が在学しています。

尾崎裕哉さんはアメリカからの帰国子女ですから、語学においては入学資格に問題なく、アメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業した生徒の進学先として慶應義塾大学への進学者も多い事から、英語力を活かした進路を取られたのではないでしょうか。

尾崎裕哉の出身大学は?

尾崎裕哉さんは、アメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業後、アメリカで経験したホームレス支援活動や、国際NGO「ルーム・トゥ・リード」の創設者であるジョン・ウッド氏の活動に触れたことで、社会起業家を目指し、AO入試にて慶應義塾大学環境情報学部へ入学されます。

その後同大学の大学院へ進学し、2015年3月に見事修了されています。

学業とラジオのパーソナリティを両立させ、その後の音楽活動の基盤を作られました。

尾崎裕哉の家族構成

父:尾崎豊

母:尾崎繁美

の3人家族でした。

他親族には、

祖父:尾崎健一(尾崎豊の父、豊は次男) 元自衛官で、後に社会保険労務士となりました。

伯父:尾崎康(尾崎豊の兄) 裁判官を歴任後、弁護士として活躍されています。

父である尾崎豊さんの偉大な活躍はもちろんですが、父方のご家族も立派なご活躍をされていて、経済的には恵まれた環境であった事が伺えますね。

尾崎裕哉の英語が上手い理由

尾崎裕哉さんは、5歳から15歳の10年間をアメリカマサチューセッツ州ボストンで過ごしていましたので、もちろん英語は堪能です。

日本帰国後も、アメリカンスクール・イン・ジャパンから慶應義塾大学へ進学されていますので、英語に触れる機会はたっぷりありました。

幼少時から常に英語に接していた事を考えて、英語はネイティブ並みに上手いと想像するのは容易ですね。

最後の「InterFM」の発音に注目!

関連記事の中の歌われている動画でも、英語の素晴らしい発音が聞けます↓

尾崎裕哉と尾崎豊の似てない画像と似てる歌の動画まとめ|小さい頃のかわいい画像も

今回は、尾崎裕哉さんの経歴や学歴、出身中学校や高校と大学から家族構成と、英語が上手い理由を調べてみました。

偉大な父と同じ音楽の道を選ばれた尾崎裕哉さんの、今後の活躍が楽しみですね!

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。